「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋



成長と人材―伸びる企業の人材戦略「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋実務入門 起業のための事業計画書のすべて (実務入門)隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)就職試験に落ちたくても落ちられない話無料専門学校150%トコトン活用術 (DO BOOKS)ハローワーク 150%トコトン活用術―誰も知らなかった転職成功・63の裏ワザ! (DO BOOKS)パソコン在宅ワーク術 最新版 (女性のパソコンBOOKS)ヘッドハンティング・バイブル広告業界就職ノススメ。


「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋
「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋

ジャンル:
セールスランク:110833 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

人事に何が足りないのかしっかり考えて見よう

いまどきの若い人は、自分の価値を高めるべく働きに行くという。だから、成長を感じ、役立っていると感じ、これからも成長していける、貢献していける、という期待。が大事なんだという。その方法が述べられている。最近の若者が理解できずに会社の人事に携わっている人なら読んでみるべき。流出を黙ってみていても、食い止められませんからね。何が足りないのかしっかり考えて見よう

「寸止めフィードバック」はマネジメントで役立ちます。

こないだジョブウェブの読書朝食会で、
この本が題材になっていて、ボクも参加してきました。

読んでキーワードが頭に入り、
そして思い出すというのはなかなかないので、
とてもよかったです。

若手の仕事とのかかわり方がパラダイムシフトしているなかで
まだ、それをおわかりにならない経営者には読んでほしいです。

他のキーワードでも、
「厚化粧採用」とか「すっぴん採用」とかも
自分の頭の中によく出てきます。

森田さんは言葉の魔術師でした。

ジェントルふじふじ
若者が辞める実態を、的確に分析した本

この問題について述べている多くの類書は、若者がすぐ辞める理由を「我慢が足りないから」「ブランドだけで企業を選び、実態とのギャップが大きいから」と分析している。しかし、この本では、辞める若者は必ずしも仕事に不満を持っておらず、むしろ満足している場合も多いことや、終身雇用が前提とならなくなったことで、若者がキャリアプランに非常に敏感になっていることなど、若者が辞める本当の理由が示されている。的確な分析が、わかりやすく論理的に述べられており、参考になる本。
むしろ就活に役立つ。

就活中の学生ですが、勉強になる&役立つ本だと感じました。

3年で辞める若手問題について最近の動向が
データつきで記述・解説されているのですが、
グラフが多用されていて、分かり易い文章で書かれています。
面白く、ビジネス書ですが、するする読めました。

著者の経営する会社でのインターン受入経験は興味深く
学生や若手育成に対しての理解が深い方だと思いました。

就活での会社選びでの新たな視点を与えてくれる本です。
入社時だけではなく、入社後をイメージするという点で
世の就活本より学ぶことは多かったです。

入社後の働く姿&成長実感という視点から改めて自分をイメージし、
就活を見直そうと思いました。
「3年目社員」の離職問題 参考になる本

某企業で人材育成を担当しています。

自社でも若手が辞めるケースが増えており、これまで様々な書籍や記事を読みました。
他の本は似たような論調ばかりで特筆すべき本はあまりないのですが、
この本は新しい考えが多く、参考にさせていただきました。

特になるほど、と思ったのは、若手が辞める理由を以下としていた点です。

若手が辞めるのは、打たれ弱いからではない。

1.成長実感を持てるか
2.存在意義の実感ができるか
3.成長期待ができるか

会社がこの3つが満たしていないときに辞めるのだ、と。

そして対策としては「マネジャーが成長プロデューサーになること」としています。

自社にもうまく取り入れたいと思います。




東洋経済新報社
「新入社員」育て―職場の若者心理学入門
デキる人は皆やっている 一流のリーダー術
新入社員が劇的に成長する3か月プログラム―このやり方で人間力が高まり、自ら考え行動できる人になる
できる若者は3年で辞める!―伸びる会社はできる人よりネクストリーダーを育てる
だから若手が辞めていく――ミドルがカギを握る人材「リテンション」の可能性