隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)



成長と人材―伸びる企業の人材戦略「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋実務入門 起業のための事業計画書のすべて (実務入門)隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)就職試験に落ちたくても落ちられない話無料専門学校150%トコトン活用術 (DO BOOKS)ハローワーク 150%トコトン活用術―誰も知らなかった転職成功・63の裏ワザ! (DO BOOKS)パソコン在宅ワーク術 最新版 (女性のパソコンBOOKS)ヘッドハンティング・バイブル広告業界就職ノススメ。


隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)
隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)

ジャンル:
セールスランク:6989 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

アメリカの企業経営については、日本のなかに紋切り型の理解が多い。冷徹なM&Aとリストラ、徹底した個人主義、MBA信仰などだ。しかし「人間重視」「現場重視」「平等主義」で継続的に高業績を上げている会社もある。本書は、そうした企業に光を当てて成功の秘密に迫ろうというものだ。事例8社の徹底した記述が、ミステリーを読むようでおもしろい。

成功事例として取り上げられているのは、米航空業界の熾烈な競争を勝ち抜いてきたサウスウエスト航空、ネットワークの覇者シスコシステムズ、紳士用衣料チェーン店のメンズウエアハウス、ソフトウェア企業の大手SASインスティチュート、医療サプライ(医療機器、医療用品)販売業のPSSワールドメディカル、独立系電力会社のAESコーポレーション、トヨタとGMの合弁会社NUMMIの7社である。さらに、これらの7社と多くの類似性を持ちながら、必ずしも十分な成果を上げられずにいる事例として、半導体のサイプレス・セミコンダクターが取り上げられている。

著者によれば、成功事例の特徴は、社員の中に秘められている価値を引き出し、才能をフル活用している点だ。7社は社員参加、ロイヤルティー、仕事を楽しむセンス、低い離職率、高水準の財務実績という点で共通している。社員中心主義の価値観がはっきりと会社の基盤にあり、日常の細かい経営慣行がその価値観と一致している。

優れた人材を確保しても、卓越した「戦略」を立てても、それだけでは十分ではない。連続的な高業績を支えているのは、基盤におかれた強固な価値観であり、またそれを支える日々の慣行である、という。紹介された成功事例には、日本の企業経営に共通する点が多い。

本書は、読んでおもしろいという点で、かつての『エクセレント・カンパニー』に通じる魅力を持った本だ。AESのように、日本であまり紹介されない事例も含まれている。(榊原清則)



本来の日本的経営

本書には、経営の王道とも言うべき人材活用術が数多く紹介されています。しかしその内容はかつての日本企業が当たり前のように持っていた、「家族的」で、「長期的なビジョンに立った」ものでした。
これらが現在の、「ドライ」と言われているアメリカ企業に於いてここまで成功を収めているとは夢にも思っていませんでした。

本書で紹介されている、「サウスアメリカン航空」などは、数多くのビジネス戦略書において、「これぞ経営戦略の見本」のように喧伝されていますが、基をただせばなんのことはない本来日本企業が当たり前のようにやってきた人材活用術をもう少しシステマティックに行ったものだったわけです。

本書では、「自由な雰囲気により、社員の自己提言を促進」し、「情報を正しく共有」し、「脅しではなく、チームとしてどのようにしたら結束できるか」を優先して企業経営をする会社が業績を伸ばしていると説いています。

もちろんこれだけで会社が伸びるわけではないのでしょうが、あらゆる企業戦略が、この考え方ベースにしていなければ飛躍は出来ないのでは、と言う問いかけは大変貴重に思います。この考えの根本にあるのは、「人間の能力は無限であり、気持ち次第でそれを引き出すことが出来る」というところにあると感じました。

退屈な成功企業礼賛

理想的な成功事例を集めた本だが、中小企業の経営に携わる立場でこれを読んだ僕は、むしろこれらの成功事例をどうやったら自社に取り入れられるか?と考えると目まいがするほど当惑した。真似できないからこれらの企業は成功したのであって、成功企業を礼賛するだけの記述からは取り入れられるところが少なく、ひどく退屈で読み進めるのも骨が折れた。

最後に出てきたサイプレス・セミコンダクターの失敗ケースだけは楽しんで読めた。経営者の仕事はうまくいっていないものをうまくいくようにすることであり、失敗ケースを読んで自分ならどうするか考えるほうが経営者としてのアタマのトレーニングとしてはずっといい。どうせなら失敗ケース集にしてほしかった。
企業は人なり

優秀な社員がいない。入社しても優秀な人材ほど転職や独立していく。
そしてやる気も能力もない社員だけが残り、社長は「なんでウチにはロクな社員がいないのか」と嘆く。
こんな会社は案外多いのではないだろうか。

本書は本当の意味で、人材の持てる本当の力を引き出して成長していく企業となるためのヒントが詰まっている。

社員の会社への忠誠心が薄れていく風潮の中で、本物のマネジメント、リーダーシップとは何かを考えさせられた。
バリューとリーダーシップの浸透を味わいながら読めました

好業績を続けることが出来る秘密は何かという短絡的な動機で読みました。

この本に出てくる会社から得た印象は、”必死&絶対”や”財務&技術重視”等々、偏りが無い事でした。反対に、すごく”人間重視”の経営をしていることに関心を持ちました。その方が、長期的な企業の成長に結びつく、言わば変化に打ち勝つことが出来る体質が出来ることが記されています。

紹介されている企業は、日本でも有名なSASやSWAが出てきます。その他にAES(発電会社)が紹介されています。読後にAESのHPにて、AESのCorporate Cultureを参照してみました。本書に述べられている通り、現場レベルまでバリューやリーダーシップが浸透していることが垣間見れました。

成熟度が高い組織に学びたい方やリーダーシップの浸透度を深めたい方は、是非、ご一読されることをお勧めします。
ミステリアスな経営書? ではなく、”生の事例集”だと思います

 主張の中心となる結果(業績)とプロフィール(価値観の重視)の間の因果関係の解釈が恣意的だと感じます。説明に説得力が感じられない箇所がありました。ただし、最終的な結論自体は著者たちの長年の経験から導き出されたもので間違ってはいないだろうと感じます。説得力をもって分析結果を提示できているかどうかという点が不満だということです。ただし、著者自身が、本書の中ですでにもろもろの限界や異なる解釈が可能であることを吐露しているので、それにばかりこだわってはいけないでしょう。

 その限界をわきまえた上であれば、挙げられている8社の事例は、どれも参考になるものです。トップが説明する公式の話だけでなく、現場で実際におきたことなどの生の場面の記述がそれ自体興味深いものでした。この点では、収集した事実をまず事実として本に残してくれたことの価値は大きいでしょう。読者皆さんの評価が高いのは、これらの事例の生々しさに起因するのではないかと感じました。

 なお、本書と同様のテーマで、主観ではなく事実に基づいて構成された見方で学びたい場合は、「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 」、「ビジョナリー・カンパニー 2 − 飛躍の法則」をお奨めします。説得力はそれらのほうがありました。先入観にとらわれない冷静さ、結論を他者に説明する上での正確性という点で差を感じます。



翔泳社
ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争 (ハーバード・ビジネス・セレクション)
ハイ・フライヤー―次世代リーダーの育成法
マネジメントの本質 思索するリーダーのための実践的経営論
市場烈々―13億人に売りまくった「鉄の女」の物語
輝く組織の条件―高業績を生み出すパフォーマンス&メジャーメント技法