ヘッドハンティング・バイブル



成長と人材―伸びる企業の人材戦略「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社 若手流出時代の処方箋実務入門 起業のための事業計画書のすべて (実務入門)隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密 (Harvard Business School Press)就職試験に落ちたくても落ちられない話無料専門学校150%トコトン活用術 (DO BOOKS)ハローワーク 150%トコトン活用術―誰も知らなかった転職成功・63の裏ワザ! (DO BOOKS)パソコン在宅ワーク術 最新版 (女性のパソコンBOOKS)ヘッドハンティング・バイブル広告業界就職ノススメ。


ヘッドハンティング・バイブル
ヘッドハンティング・バイブル

ジャンル:
セールスランク:22509 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,600 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

ヘッドハンティングについて知るには絶好

ヘッドハンティングという仕事がどういう物なのか、知るには
他に類書がないため非常に価値があると思います。

実際の事例を踏んで、人材紹介会社との違い、企業から求人案件を得る
ところから、候補者にアプローチして、入社にこぎつけるまでの一連の
仕事の流れを説明してくれているので理解しやすいです。

なんか、冷たい印象のヘッドハンターという仕事が、温かみのある
人間性のある人に向いたものに感じることができました。

ただ、企業に対しても、転職した人にとっても、守秘義務を守るべき
仕事のせいか、掲載されている事例が同じものになっているのが残念でした。


2時間でヘッドハンターの全貌が分かる

ヘッドハンティングや転職する側に向けたHowTo本は読んだことがあるが、この本は、転職したい人、人材を探す企業担当者、ヘッドハンターになりたい人、ヘッドハンター業界を一歩離れてのぞいてみたい、という、それぞれの立場に向けて書かれている章があり、興味深い。何が興味深いかというと、ヘッドハンターを取り囲む利害関係者の全貌が分かり、ヘッドハンティング会社がどのような仕事をしているか、実際、どのようにオファーを出したり、人材を獲得してきたりしているかが分かる。全貌が分かる故に、自分が転職する際も、転職者を受け入れる際も、業界の全体像を把握できるため、有益だと思う。
そして、何より、この本は2時間くらいでスラスラ読めてしまう。業界本を読むよりは、実際ヘッドハンターをしている筆者の体験談を聞きながら解説してもらうほうが、理解が早い。タイトルから連想される「教え」みたいな堅苦しい感じはなく、思った以上に、とても面白かった。
ヘッドハンターを目指す方必読!

本書は「ヘッドハンティングされたい人」「ヘッドハンティングを依頼したい人」「ヘッドハンターになりたい人」と3者の視点からヘッドハンターがどういうものなのか、またどの様に付き合えばよいのかが具体的に書かれています。ヘッドハンティングについて、これほど明確に書かれている本は他にないのではないでしょうか。特にヘッドハンターを目指す人にとっては、非常に参考になるのではないかと思います。“すべての職業人は医者・弁護士、そしてヘッドハンターを友人に持て!”まさにそんな時代が来ていると思います。



経済界
プロ・ヘッドハンターが教えるデキる人の引き抜き方―ビジネス超魔術人材編
売れる人材―エグゼクティブ・サーチの現場から
私がカリスマ・ヘッドハンター
人材コンサルタントに騙されるな! (PHP新書 472)
新・ヘッドハンターとつき合う法―よい転職をするために