ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)



ホンダNSR250R オーナーズバイブル電気自動車レンジローバーの大地間違いだらけのクルマ選び―全車種徹底批評〈01年上期版〉ターンアラウンド ゴーンは、いかにして日産を救ったのか?ベストプラクティス―日産最強の店舗づくり「100日の戦い」最新最強のクルマ事典ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)女性のためのクルマ選びゴーンさんの下で働きたいですか (日経ビジネス人文庫)


ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)
ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)

ジャンル:
セールスランク:267113 位
発送可能時期:通常3〜5週間以内に発送
参考価格:¥ 560 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

やはり選手が肝心!?

 監督がいくら良くても選手に能力がなければ勝てない――。スポーツでは当たり前のことが、会社組織でも当てはまることが明快に書かれている。業績がV字回復した日産も例外でなく、実行部隊は日本人だった。とかくゴーンさんばかり脚光を浴びるが、社員に能力がなければ“奇跡”は起こせなかったのだろう。

 ただ、副社長ら幹部の話が中心。現場の中間管理職クラスが危機感をどう生かしたのか、その心の変化は……など、生々しい話をもう少し読みたかった。



小学館
国際人新渡戸稲造―武士道とキリスト教
松下幸之助に学ぶ成功の極意―「思い」の技術
カルロス・ゴーンは日産をいかにして変えたか (PHP文庫)
日産が危ない―V字回復後の問題点を洗う (Yell books)
いま、日産で起こっていること―躍進する企業の戦略と実行力