8つの助動詞で気持ちが伝わる英会話―表現力を磨き深める使い方415 (Nova books)



VAKメソッド脳タイプ別速習英会話ほんとうの英会話がわかる―ストーリーで学ぶ口語表現 (新潮選書)NHKラジオ英会話リスニング・テキスト What’s New?高校3年分の英語力が3週間で身につく本 (アスカカルチャー)英語で雑談してみたい―すぐに使えるジャンル別キーワードと雑談フレーズ基礎からわかる数量と単位の英語―豊富な文型と用例8つの助動詞で気持ちが伝わる英会話―表現力を磨き深める使い方415 (Nova books)聞かれて困る外国人の“WHY?”―外国人観光客を案内する少し使える人の「確実に意志が伝わる英会話」トレーニングブック (アスカカルチャー)みんなのハワイ はじめての英語 (光文社ペーパーバックス)


8つの助動詞で気持ちが伝わる英会話―表現力を磨き深める使い方415 (Nova books)
8つの助動詞で気持ちが伝わる英会話―表現力を磨き深める使い方415 (Nova books)

ジャンル:
セールスランク:94763 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 500 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

助動詞を有効活用せよ!

英語の文法の中で「助動詞」というものは、どちらかというと簡単な分類に入る。活用もなければ、位置の変化もない。そして、知られていないのが、いろいろな意味で使える「お得な言葉」であることだ。
例えば、shall を見てみると、まず shall we...? 「〜しませんか?」という文型が頭に浮かぶ人が多いだろう。「Shall we ダンス?」という映画もあるのだから、かなり知名度は高い。だが、この shall は法律でも使われる。
Japanese people shall not fight with foreign countries.
(日本国民は他国との闘争を禁じる。)
といった具合に、「禁止」の文になる。

このように、助動詞を使うことによって、会話表現の幅がグッと広まるわけだ。この本では、助動詞の基本的な使い方が書かれてあるので、英会話の上達がスムーズになるだろう。



ノヴァ
英会話の時制がすっきりわかる12の法則―現在・過去・未来を自在に話せる日常フレーズ264 (NOVA BOOKS)
関係代名詞を使った英会話―あなたの英会話は関係代名詞で見違える! (アスカカルチャー)
助動詞を使った(feeling)英会話―あなたの英会話は助動詞で磨かれる! (アスカカルチャー)
仮定法を使った「いきいき」英会話―あなたの英会話は仮定法で鮮やかになる! (アスカカルチャー)
進行形・完了形、つい時制の使い方に迷ってしまうあなたに (アスカカルチャー)